中高年または超初心者必見!! グローバルナビとカテゴリーを連動させる方法

※アフィリエイト広告を利用しています

ブログ運営
葉哲泰    (Ye Zhetai)
葉哲泰    (Ye Zhetai)

多分分かっている人には当たり前なことが分からないのが初心者です。

 ・サイトページの真ん中にグローバルナビのボタンをカテゴリーごとにどどーんと作ったのですが、ボタンを押してもそのカテゴリーの投稿(記事)にならない。

・ 固定ページに行くだけで記事に飛ばない。

とお悩みの方。

 この記事は中高年またはブログの超初心者で、グローバルメニューをサイトの設置したのだがボタンを押しても記事に飛ばない! 
 いろいろサイトや本を読んでみたけどどうも良く分からない!
というよりこんなところでつまずいていないで早くメニューを設定したい!
という方におすすめです。

 グローバルメニューを設置したが、カテゴリーに記事が集まらなくて3日3晩悩んだ私の解決策を公開します!超ブログ初心者以外には当たり前なことかもしれないのでご了承ください。

グローバルメニューをカテゴリーごとに設置する

 私の場合、COCOONのテーマの”わいひらさん”のスキンでブログ運営・転職・副業・生活の4カテゴリーのボタンを設置しました。

しかし、カテゴリーのボタンを押しても固定ページが開かれる.

 冷静に考えると当たり前なのですが、固定ページでカテゴリーページを作ったのでその投稿ページが開かれるだけなのは当たり前です。

 でも、各記事にはカテゴリーの分類がしてあるので記事は自動的に各カテゴリーに集約されるはずだと思い込んでおりました。

勘違いを払拭してくれたのがこちらのブログです。

実際のやり方

外観 → メニューを開きます。

ここで私は頑なに”固定ページ”から”メニューに項目を追加”していたのです。

 固定ページ・投稿・カスタムリンク・カテゴリーと左に4つある中からカテゴリーを選択してそれをメニュー構造のところに追加すると、右の赤丸の様になりブログ運営にカテゴリーされた記事を集めるページとなるのです。

cocoonの場合

 テーマがcocoonの場合は”おすすめカード”のところから表示されるアイコンや表示名などをカスタマイズできます。

おすすめカードの画像やタイトル名の表示がこの場合ホームページのグローバルメニューに表示されるのです。サイトの顔になる部分なのでおしゃれにまたはかっこよく仕上げたいものです。

 赤い四角が反映されたグローバルメニューです。
最初サムネイル画像はODANから頂いた画像(写真)にしていたのですが、だんだん他のサイトを見慣れていくうちにおしゃれなサイトまたは有名サイトは自作の画像が多いということに気づいてきました。
 今回はcanvaからとっても簡単に背景色とアイコンだけ頂いたものでシンプルに作ってみました。

上の青い四角は私の場合ヘッドメニューとしてヘッダーに所属されています。

固定ページの使い方

 本当に初心者チックで恐縮ですがスマホをいじるのも大変な中高年の為に解説と思ってお聞きくださると幸いです。

 私のホームページの場合↑ ヘッダーメニューは固定ページから作っており、カテゴリーからなっているグローバルメニューと使い分けをしています。

 赤枠で囲われているようにヘッダーメニューは固定ページから成り立っています。
(ホームとプライバシーポリシーは元々このようになっていました。)

このように、ヘッダーメニューは固定ページグローバルメニューはカテゴリーページにと分けてみています。

まとめ

 私に場合はこのようにカスタマイズしましたが、製作者によりトップページの顔づくりとボタンの作り方は本当に様々です。色々試行錯誤して自分なりのかっこいいトップページを作っていきましょう!

↓こちらhitodeblogさんのyoutubeも本当に分かりやすくおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました