人手不足でざまあみろの会社の特徴は?中高年でも退職する場合は

※アフィリエイト広告を利用しています

転職

私のいる飲食店のパワハラな営業部長が、人手不足でとうとう店舗(現場)に戻らざるを得なくなりました。

何年も現場から遠ざかっていた人がいきなり飲食店の現場に立っても、まるでついていけてなくて哀れです。(惨)

葉哲泰    (Ye Zhetai)
葉哲泰    (Ye Zhetai)

自分と意見の合わない部下を切りまくっていたので自業自得です。(!)

営業部長が抜けてことで本部機能がマヒして、カイシャもヤバい感じです。

結論として、やはり人手不足の会社からはすぐに退社、ざまあみろ!した方が良いですね。

この記事は人手不足ブラック企業で現役で働く中高年が解説させていただきます。

人手不足に陥りやすい日本企業の体質、人手不足に陥りやすい業界を紐解いて、そこから脱出する方法までを導かせていただきます。

人手不足ざまあみろ!の経験者の声

X(エックス)上で人手不足ざまあみろ!とつぶやいている方々の共感できるご意見を集めました。

✓ 低賃金で働いてくれる人手が不足したので廃業する企業
✓ 就職氷河期世代も人手不足ざまみろと思う。
✓ 人手不足に投資できない会社は低クオリティのものを作り続けざるを得ない
✓ 不景気を乗り越えるために若者に犠牲を強いる会社はつぶれるぞ
✓ 人手不足で悲鳴を上げているのはブラック企業
✓ 改めてざまあみろ人手不足
✓ 人手不足と検索するとざまあみろとサジェストに出てくる

低賃金で働いてくれる人手が不足したので廃業する企業

ピラミッドを作っていた奴隷たちは、仕事に来ると美味しいパンとアルコールを与えられるので喜んで働きに来ていたのですって。次の日二日酔いで働けなければ、自由に休めてたらしい。(脚注1

日本人が安い賃金では働かなくなってきたので、日本のカイシャも大変です。

アルバイトの最低賃金の上昇により、残業代がまともにつかない長時間労働正社員も、時給換算すれば実はアルバイト以下の賃金であることがバレてきました。

低賃金拘束時間が長く精神的自由もないわれわれは、ピラミッドを作る奴隷さんたち以下だったのですね。

就職氷河期世代も人手不足ざまみろと思う。

バブル崩壊により企業が採用を縮小していた1900年代から2000年代に新卒として就職活動をしていた、2024年時点での年齢が42歳~54歳くらいまでの方たちが就職氷河期世代です。

人手不足の今日では企業も手のひら返しで”就職氷河期世代積極採用!”なんてやってます。、

人手不足に投資できない会社は低クオリティのものを作り続けざるを得ない

個人の経験に裏打ちされた技術は、低賃金による職場離脱で失われていきます。

飲食チェーン店などアルバイトでも調理(笑、レンチン)できる商品でないと全国展開できません。

従業員を人財と見ていないので、しだいに異国の方ロボットばかりになっていきます。

不景気を乗り越えるために若者に犠牲を強いる会社はつぶれるぞ

不景気に若者(新卒)の採用を減らしていたカイシャは、働き盛りの年齢の社員がいない異様な構造の社員年齢構成のピラミッドになります。

人手不足で悲鳴を上げているのはブラック企業

人手不足で悲鳴を上げている会社は=ブラック企業です。

大企業や公務員さんから人手不足の声は聞かれません。(人財不足=有能な人財が不足みたいな贅沢は言われますが)

低賃金長時間労働3K職場(キタナイ・キツイ・キケン)が人手不足になるのは当然です。

日本人は、モラトリアムでもニートでも引きこもりでも飢え死にしなくなったので無理に働きません。

\ 参考記事 /

》ブラック企業の見分け方!あなたの会社はブラックなのか検証します

改めてざまあみろ人手不足

私も企業で営業部長をやっている人間です。企業の論理も分かります。『こうやって日本は発展しました』のツケです。昔と同じやり方を変えられないカイシャは空回りしてしまうのですね。

\ 参考記事 /

》終わってる会社の特徴15選!自分の会社を見極めて脱出する方法

人手不足と検索するとざまあみろとサジェストに出てくる

ざまあみろ』はもはや人手不足関連語なのですね。

  1. 銃・病原菌・鉄より ↩︎

人手不足にざまあみろに陥りやすいのは日本中小企業の体質

日本の中小企業が人手不足に陥りやすいのは日本の社会構造に原因があるので仕方がないところでもあります。

✓ 日本には資源がない、人が資源

✓ 高度成長期から続くブラック企業体質 

 

日本には資源がない、人が資源

鉱物資源農業資源に恵まれてアクセク働かなくても収入が得られる国があります。

資源に恵まれず、アクセク働くことが美徳でないので貧乏な国もあります。

日本人は根本的に『働かざる者、食うべからず。』という発想で、ラクして大金にトレードできる豊かな資源もないのでアクセク働かざるをえないようです。

高度成長期から続くブラック企業体質 

戦後の焼け野原から日本は高度成長期にかけて面白いように経済成長を遂げました。

需要がある限り、工業製品は機械を動かし続けるだけ製品を作り、売り続けることができます。

高度成長期のように景気の良い頃は、2交代制で24時間機械を動かして商品を作り続けました。

作れば作るほど売れて儲かるからです。

でも今は違いますよね。供給過多なので労働制生産性を上げないと利益は出ません。

それに気づいているのかいないのか知りませんが、労働時間が長いことが美徳の社会体質の日本から、いまだに変われません。

\ 参考記事 /

》 ブラック企業の見分け方!あなたの会社はブラックなのか検証します

人手不足ざまあみろに陥りやすい業界 

人手不足に陥りやすい日本企業のなかでも、より人手不足に陥りやすい業界があります。

✓ 飲食業は万年人手不足業界

✓ 運送業は2020年問題で人手不足は解消されるの

✓ 介護業界・保育業界は人が集まらない

飲食業は万年人手不足業界

 飲食業はたのしい仕事です。多くのヒトとおいしい料理に出会えます。

でも立ち仕事で、神様(もとい、お客様)のお世話(笑)をしてあげなければならないない仕事なのでキツイです。

いつも、不機嫌な神様たちに振り回されるのを堪えなければなりません。

日本人は総ブルジョワ化(古!)しているので、キツめのサービス業はだんだん、外国籍の方の雇用の場としておゆずりしている感じですかね。

運送業は2024年問題でますます人手不足なの?

運送業界の長時間労働は、もはや命にかかわる問題なので危険です。

2019年に施行された時間外労働に関する規制の運送業界の猶予期間が2024年4月からなくなります。

1カ月に20日間労働すると、1日4時間まで残業ができ、合計12時間労働が可能ということです。
1カ月に25日間労働すると、1日に3.2時まで残業ができ、合計11.2時間労働が可能ということです。

いずれにせよ、法律をかいくぐる中小企業はいくらでもあるでしょう。

でも荷物が届かない不利益より人の命を大切にする寛容な社会に変われるかどうかですよね。

介護業界・保育業界は人が集まらない

ヒト様の御世話をするのは大変なことですよ。そういう業界ほど賃金が低い!

だから人が集まりません。

ヒト様を守る仕事なのでざまあみろとは言えません。

中高年が人手不足企業を退職するには

カイシャの為に見返りなくさんざん働いてきてもう限界!自分も人手不足業界からおさらばして、ざまあみろと言いたい方は準備しよう。

✓ 精神的に追い詰められてうつの場合は社会保険給付金を考えよう

✓ 会社を辞められない空気の場合は退職代行を使おう

✓ 中高年は退職する前に転職先を探そう

精神的に追い詰められてうつの場合は社会保険給付金を考えよう 

人手不足の会社で長時間労働、馬車馬のように働いてきたけど、年のせいもあり体調を崩してしまった。

もう潮時かな。転職サイトは登録したけど、50代の自分では簡単に仕事が見つからない・・・。

しばらく無職でいなければならないけど何か保証はないのかな?。

ブラック企業長時間労働だと転職先を探す時間もありませんよね。

ただでさえ50過ぎの人間を簡単に採用してくれる会社はありません!

でも次の仕事を見つけてから退社しないと、収入がなくなってしまうし・・・。

ただ毎日に追われて時間ばかり過ぎていき、結局今の会社から抜けられない・・・。

長年会社に尽くしてきた50代中高年が退職後の収入について心配している場合は、退職コンシェルジュに相談してみるのがおすすめです。

社会保険に1年以上加入してれば誰でも受給可能な社会保険給付金というのがあります。せっかくの制度なのに認知が低く、今のところ利用する人も多くありません。

わたしの勤務先の社員でも病気になったあと、休業補償金でながらえた方もいます

ただ、申請するのも個人ではなかなか大変です。お役所の書類って面倒くさいですしね。

どんなものかわからない方のために無料でWEB相談をやっているので参加してみると良いです。完全視聴形式なので何か聞かれるわずらわしさはありません。

もらえるものはもらっておかないと損ですから、『そろそろ退職したい。』と考えている方は聞くだけ聞いてみるとよいですよ。 

》 退職コンシェルジュ公式ページ

会社を辞められない空気の場合は退職代行を使おう

今の会社に20年間尽くしてきたけど、もう限界!退職してやる!

オレみたいな優秀な人材が抜けたらきっとカイシャは大変な思いをするね。

もっと社員をヒトとして大切に扱わないからだ!

人手不足になりざまあみろ!

・・・と、啖呵たんかを切ってカイシャを辞めたいのですが、そもそも上司(または中小企業の経営者)の『圧』が強すぎるから人手不足ブラック企業になるのですよねー。

面と向かって『辞めます!』とはなかなか言えないです。

かと言って、バックレて辞めるのは社会人として良くない。最低限の引継ぎはしたい。

というか、追いかけてこられそうで正直怖い!

そういう方は退職代行サービスを使って退職すればよいのです。

話し合って退職できるカイシャなら話し合いましょう。

話合いにならないカイシャだと思ったら、退職代行サービスを使えばよいのだと思います。

\ 参考記事 /

》 退職代行サービスを使って会社を辞めるのはクズなのか?常識なのか?

50代中高年におすすめなのは、弁護士法人が運営する退職代行サービスです。

50代中高年のたまりにたまった有給休暇や、残業代などの未払い賃金の請求、退職金の回収には弁護士法人の運営する退職代行サービスが確実です。

今まで退職出来なかったことは1度もないということです。

退職代行サービス会社によっては、3ヶ月たつと契約を打ち切ってしまい、会社から書類が届かないなどの問題が発生することがあります。

弁護士みやびの退職代行サービスは、依頼者が退職成功後も無期限でアフターフォローさせていただく数少ない弁護士事務所なので安心です。

今の状況から抜け出すために、まずはメールライン無料相談してみよう!

》 弁護士みやびの退職代行サービス公式ページ

中高年は退職する前に転職先を探そう

人手不足企業で働いているので、なかなか転職活動をする時間がとれない!

そもそも50代中高年が転職先を見つけるのはかなりシンドイ。

自分で転職サイトに登録をして、気に入るカイシャを見つけるのは大変です。

だからといって、まじめなわたし?(笑)は今のカイシャの仕事をキッチリこなしているので、自分の転職先を探す時間はますますなくなる。

そうしてあなたは人手不足ブラック企業から抜けられない、負の無限ループにハマっていくのですね。

そういう場合は、転職エージェントの登録がおすすめです。

リクルートエージェントに登録をすると、キャリアアドバイザー無料であなたの転職をサポートしてくれます。

ただ、企業を紹介してくれるだけではありません。

あなたを企業に紹介するだけでなく、合格するための面接の対策などもしてくれます。

内定後も、年収交渉入社日の調整円満退社のための手続きやアドバイスなど、最後まであなたのメンドウを見てくれます。

取り敢えず無料なので登録をしておけば、あなたの向きの求人を紹介してくれます。

その中から気になる企業があったら面談に進めばよいのです。

今すぐでなくてもいつでも転職できるように,自分の市場価値を見ておくためにも登録だけでもしておくのがおすすめですよ。

》 リクルートエージェント公式サイト

まとめ 人手不足でざまあみろの会社の特徴は?中高年が人手不足の会社から退職すると

例えば。『フリーアドレスの事務所』って意味の分かる高年齢経営者がどれくらいいるのだろう?

フリーアドレスのメリット・デメリットはともかく、そういう発想で物事をとらえられる経営者が日本にどれくらいいるのだろう?

日本の中小企業は仕事が属人化しているから、そのヒトが辞めたらあっという間に仕事が回らなくなるのです。

ヒトに仕事を押し付けて無理やり利益を捻出するショウワから続く日本の社会構造です。

どんどん辞めてやればよいのです!

ただ、自分もツブれないように後先をしっかり考えて・・・。